• ホーム
  • 細胞ストレスの感知:核小体の新たな機能?

細胞ストレスの感知:核小体の新たな機能?

Sensing Cellular Stress: Another New Function for the Nucleolus?

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 224, pp. pe10, 16 March 2004
[DOI: 10.1126/stke.2242004pe10]

Mark O. J. Olson*

Department of Biochemistry, University of Mississippi Medical Center, 2500 North State Street, Jackson, MS 39216, USA.
*Contact information. Telephone, 601-984-1500; fax, 601-984-1501; e-mail, molson@biochem.umsmed.edu

要約 : 最近の研究から、核小体はp53による制御系と情報交換しストレス感知器として働くことが示唆される。細胞ストレスは核小体の破壊をもたらし、核質への制御因子の放出を誘発する。これらの因子、特にARF(alternative reading frame)は、p53の分解を阻害することで細胞内へのp53の蓄積を促進する。

M. O. J. Olson, Sensing Cellular Stress: Another New Function for the Nucleolus?. Sci. STKE 2004, pe10 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る