• ホーム
  • 乱雑が支配している? サイクリンEとCdk2の非必須性

乱雑が支配している? サイクリンEとCdk2の非必須性

Promiscuity Rules? The Dispensability of Cyclin E and Cdk2

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 224, pp. pe11, 16 March 2004
[DOI: 10.1126/stke.2242004pe11]

Tin Tin Su* and Jason Stumpff

MCD Biology, University of Colorado, Boulder, CO 80309-0347, USA.
*Corresponding author. E-mail: tin.su@colorado.edu

要約 : 哺乳類の細胞周期に関する標準的な見方は、変異生物ではなく培養細胞の研究から得られたものであった。そのような見方では、サイクリンとCdk(サイクリン/Cdk)の複合体の多くが、細胞周期における事象の一連の順序を指示する、独特かつ必須の過程を実行するとされている。最近のノックアウトマウスにおける分析によってこの見方に疑問が生じている。Cdk2とサイクリンEは、長年にわたり必須であると考えられていたが、大部分が重要ではない。今回我々は、遺伝学的に扱いやすい後生動物(マウス、ハエ、線虫)におけるこのサイクリンE/Cdk2変異体やその他のサイクリン/Cdk変異体の表現型について論じ、実験系や細胞の種類による類似性と相違性の背後にあると考えられる原因を検討する。

T. T. Su, J. Stumpff, Promiscuity Rules? The Dispensability of Cyclin E and Cdk2. Sci. STKE 2004, pe11 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る