• ホーム
  • 可溶性アデニリルシクラーゼの別個の細胞内シグナル伝達ドメイン:cAMPの幕営地か?

可溶性アデニリルシクラーゼの別個の細胞内シグナル伝達ドメイン:cAMPの幕営地か?

Discrete Intracellular Signaling Domains of Soluble Adenylyl Cyclase: Camps of cAMP?

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 231, pp. pe19, 4 May 2004
[DOI: 10.1126/stke.2312004pe19]

Richard A. Bundey* and Paul A. Insel*

Department of Pharmacology, University of California, San Diego, 9500 Gilman Drive, San Diego, CA 92037-0636, USA.
*Corresponding authors. Telephone, (858) 534-2298 (R.A.B.) or (858) 534-2295 (P.A.I.); E-mail, rbundey@ucsd.edu(R.A.B.); pinsel@ucsd.edu(P.A.I.)

要約 : 可溶性アデニリルシクラーゼが核で機能することができることから、アデノシン3’, 5’-一リン酸(cAMP)シグナル伝達の核ミクロドメインが定義される。BundeyとInselは、核とカベオラを含む別個のcAMPシグナル伝達ミクロドメインに関する証拠について議論し、このようなミクロドメインは、アデニリルシクラーゼのアイソフォームの局在化した細胞内発現により定められる可能性があると結論付けている。

R. A. Bundey, P. A. Insel, Discrete Intracellular Signaling Domains of Soluble Adenylyl Cyclase: Camps of cAMP?. Sci. STKE 2004, pe19 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る