• ホーム
  • 誘引か反発か:個々の好みの問題?

誘引か反発か:個々の好みの問題?

Attraction or Repulsion: A Matter of Individual Taste?

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 253, pp. pe47, 5 October 2004
[DOI: 10.1126/stke.2532004pe47]

IAlan Wells1* and Laura Lillien2

1Department of Pathology and Pittsburgh Veterans Administration Medical Center,
2Department of Neurobiology, University of Pittsburgh, Pittsburgh,PA 15261, USA.

*Corresponding author. Department of Pathology, 713 Scaife, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA 15261, USA. Telephone, 412-647-7813; fax, 412-647-8567; e-mail, wellsa@msx.upmc.edu

要約 : 正しい経路に沿った細胞の遊走は、正常な器官形成や組織修復に重要であり、腫瘍播種においては異常になる。このような遊走を制御する分子的な合図を解明することで、これらの事象を制御する機会が得られる可能性がある。ショウジョウバエ(Drosophila)に関する最近の知見から、上皮成長因子受容体(EGFR)が発達期の走化性や誘導において果たす役割が強く示されている。これらの研究や脊椎動物で行われた他の研究から、EGFRが介在する走化性が中心的役割を果たすことが支持されている。しかし、この走化作用とは無関係に細胞をさらに遊走させるシグナルは不明である。以下の3つのシナリオが議論されている:EGFRシグナル伝達は細胞を新たな合図に感作する、EGFRシグナル伝達が変化し、今や「日の目をみた」他の運動シグナルに対して細胞が主に応答するようになる、EGFRシグナル伝達は依然として運動シグナルを供給しているが方向性を与えるマトリックス成分によるケモキネシスの様式で行っている。3つのシナリオにはすべて前例があるが、いずれが真実であるのかによって、細胞遊走を制御するチャンスは決まるであろう。

A. Wells, L. Lillien, Attraction or Repulsion: A Matter of Individual Taste?. Sci. STKE 2004, pe47 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る