• ホーム
  • 小指の形成には時間がかかる:SHHによる脊椎動物の指のパターン形成法に関する予想外の洞察

小指の形成には時間がかかる:SHHによる脊椎動物の指のパターン形成法に関する予想外の洞察

It Takes Time to Make a Pinky: Unexpected Insights into How SHH Patterns Vertebrate Digits

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 259, pp. pe53, 16 November 2004
[DOI: 10.1126/stke.2592004pe53]

Rolf Zeller*

Developmental Genetics, Centre for Biomedicine, University of Basel Medical School, Mattenstrasse 28, CH-4058 Basel, Switzerland.
*Contact information. E-mail: Rolf.Zeller@unibas.ch

要約 : 拡散性のソニックヘッジホッグ(SHH)モルフォゲンシグナルが、長距離のシグナル伝達によって胚構造のパターン形成を行う空間的勾配を築くことは広く認められている。それに応じて、勾配内の細胞の位置に基づく線形的な閾値により細胞運命が決定される。脊椎動物の四肢発生におけるSHHシグナル伝達に関する最近の2つの研究は、この空間的勾配モデルの正当性を疑うものである。これらの研究から、SHHによりパターン形成された肢芽細胞の大部分は過去にShhを発現した細胞の子孫であることが証明された。これらの細胞は、SHH勾配内の位置を感じるのではなく、SHHに対する曝露を積分した動的記憶を与えられている。さらに、一部の細胞では肢芽のパターン形成中にSHHに対する応答性が徐々に変化することから、細胞運命の決定が局所的に非線形に調節されていることが示唆される。

R. Zeller, It Takes Time to Make a Pinky: Unexpected Insights into How SHH Patterns Vertebrate Digits. Sci. STKE 2004, pe53 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る