• ホーム
  • フードファイト:攻撃性と摂食行動をつなぐNPYとセロトニン

フードファイト:攻撃性と摂食行動をつなぐNPYとセロトニン

Food Fight: The NPY-Serotonin Link Between Aggression and Feeding Behavior

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 277, pp. pe12, 29 March 2005
[DOI: 10.1126/stke.2772005pe12]

Ronald B. Emeson1,2* and Michael V. Morabito2

1Department of Pharmacology, Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN 37232, USA.
2Center for Molecular Neuroscience, Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN 37232, USA.
*Corresponding author. E-mail: ron.emeson@vanderbilt.edu

要約 : 哺乳動物の攻撃行動は摂食に関連している。ニューロペプチドチロシンY(NPY)とセロトニン作動性ニューロンの相互作用がこの関連をもたらしている。NPY受容体のY1サブタイプをノックアウトしたマウスにおける攻撃行動の研究によって、これらの本能的行動の相互関係に関与するシナプス回路をさらに明らかにする。

R. B. Emeson, M. V. Morabito, Food Fight: The NPY-Serotonin Link Between Aggression and Feeding Behavior. Sci. STKE 2005, pe12 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る