• ホーム
  • 腸管上皮の接合部にシグナルを伝達する

腸管上皮の接合部にシグナルを伝達する

Signaling the Junctions in Gut Epithelium

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 277, pp. pe13, 29 March 2005
[DOI: 10.1126/stke.2772005pe13]

Frederic Hollande1, Arthur Shulkes2, and Graham S. Baldwin2*

1Functional Genomics Institute (IGF), Cellular and Molecular Oncology Department, CNRS UMR5203/INSERMU661-UM1-UM2, Montpellier, France.
2University of Melbourne Department of Surgery, Austin Health, Melbourne, Australia.
*Corresponding author. Telephone, 613-9496-5592; fax, 613-9458-1650; e-mail, grahamsb@unimelb.edu.au

要約 : このPerspectiveでは、腸管での上皮細胞の接着の調節に関与するシグナル伝達経路の解明に関する最近の進展について要約する。接着結合(adherens junction)の調節においてホスファチジルイノシトール3-キナーゼのシグナル伝達が果たす役割や、密着結合(tight junction)と核内転写因子の関係について論じる。成長因子による接着の調節の一例として、ガストリンが接着結合と密着結合に及ぼす効果について示す。接着結合と密着結合の調節障害の結果生じるヒトの病態についても考察する。

F. Hollande, A. Shulkes, G. S. Baldwin, Signaling the Junctions in Gut Epithelium. Sci. STKE 2005, pe13 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る