• ホーム
  • 内因性カンナビノイドによる摂食調節に関与する中枢および末梢のシグナル伝達機構:空腹感に関する展望

内因性カンナビノイドによる摂食調節に関与する中枢および末梢のシグナル伝達機構:空腹感に関する展望

Central and Peripheral Signaling Mechanisms Involved in Endocannabinoid Regulation of Feeding: A Perspective on the Munchies

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 277, pp. pe15, 29 March 2005
[DOI: 10.1126/stke.2772005pe15]

Keith A. Sharkey* and Quentin J. Pittman

Hotchkiss Brain Institute and Institute of Infection, Inflammation and Immunity, Department of Physiology and Biophysics, University of Calgary, Calgary, Alberta, Canada T2N 4N1.
*To whom correspondence should be addressed. Department of Physiology and Biophysics, University of Calgary, 3330 Hospital Drive NW, Calgary, Alberta, Canada T2N 4N1. E-mail: ksharkey@ucalgary.ca

要約 : 内因性カンナビノイド系はエネルギーの恒常性および摂食の重要な調節因子である。脳および末梢のカンナビノイド(CB)1受容体を介して、内因性カンナビノイドは,摂食、代謝、エネルギー消費のバランスを統合する体のシステムに強力な影響力をもつ。これらの統合システムは、エネルギーバランスを監視するさまざまな脳領域に対する入力を調節したり、摂取した食物の快楽的または報酬的な価値を高めたりすることによって、摂食を調節する。内因性カンナビノイドはまた、代謝を調節する神経経路を操る中枢CB1受容体と体中の組織にある末梢CB1受容体の両方を通して作用し、代謝を変化させる。

K. A. Sharkey, Q. J. Pittman, Central and Peripheral Signaling Mechanisms Involved in Endocannabinoid Regulation of Feeding: A Perspective on the Munchies. Sci. STKE 2005, pe15 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る