• ホーム
  • 環境を感知する:細胞の転写調節ネットワークが環境シグナルを識別する仕組み

環境を感知する:細胞の転写調節ネットワークが環境シグナルを識別する仕組み

Sensing Your Surroundings: How Transcription-Regulatory Networks of the Cell Discern Environmental Signals

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 282, pp. pe20, 3 May 2005
[DOI: 10.1126/stke.2822005pe20]

Gábor Balazsi and Zoltán N. Oltvai*

Department of Pathology, University of Pittsburgh School of Medicine, 3550 Terrace Street, Pittsburgh, PA 15213, USA.
*Corresponding author. E-mail: oltvai@pitt.edu

要約 : さまざまな環境条件において、細胞が生化学的ネットワークの各部分を区別して調節することを示す証拠が蓄積しつつある。酵母の転写調節ネットワークに焦点を当てた最近の2件の研究により、システムレベルでのそのような条件付き調節を定義する特徴や調節論理の一部が特定された。しかし、このような環境に依存した動的なネットワーク利用の基礎をなしているものは何であろうか?ここでは、多数の環境変数が同時に変化すると、細胞は特定の種類のシグナルに特化した受容体やセンサー転写因子を用いて、入力される情報の断片を個別に検出して処理するものと提案する。続いて、これらのタンパク質の活性の影響を受けた転写サブネットワークが、処理されたシグナルをネットワークのさらに深部で再構築し、最終的に統合された細胞応答を発生させる。

G. Balazsi, Z. N. Oltvai, Sensing Your Surroundings: How Transcription-Regulatory Networks of the Cell Discern Environmental Signals. Sci. STKE 2005, pe20 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る