• ホーム
  • ヒトパピローマウイルスと細胞シグナル伝達

ヒトパピローマウイルスと細胞シグナル伝達

Human Papillomaviruses and Cell Signaling

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 288, pp. pe29, 14 June 2005
[DOI: 10.1126/stke.2882005pe29]

Dennis J. McCance*

Department of Microbiology and Immunology and the James P. Wilmot Cancer Center, University of Rochester, Rochester, NY 14610, USA.
*Contact information. E-mail: Dennis_McCance@URMC.Rochester.edu

要約 : ヒトパピローマウイルスは重層上皮の癌を引き起こし、生殖管ではこれらのウイルスによる感染率が高い。悪性腫瘍につながる正常上皮細胞の生物学的な変化は、特定のウイルスタンパク質の活性がもたらす結果である。このようなウイルスタンパク質の機能は、上皮細胞分化の抑制や増殖の刺激によって、ウイルスゲノムの複製を促進する環境を作り出すことである。

D. J. McCance, Human Papillomaviruses and Cell Signaling. Sci. STKE 2005, pe29 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る