• ホーム
  • 宿主細胞のシグナル伝達とクルーズトリパノソーマ(Trypanosoma cruzi)の侵入:すべての道はリソソームに通じる?

宿主細胞のシグナル伝達とクルーズトリパノソーマ(Trypanosoma cruzi)の侵入:
すべての道はリソソームに通じる?

Host Cell Signaling and Trypanosoma cruzi Invasion: Do All Roads Lead to Lysosomes?

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 293, pp. pe36, 19 July 2005
[DOI: 10.1126/stke.2932005pe36]

Barbara A. Burleigh*

Department of Immunology and Infectious Diseases, Harvard School of Public Health, 665 Huntington Avenue, Building I, Room 817, Boston, MA 02115, USA
Corresponding author. E-mail: bburleig@hsph.harvard.edu

要約 : クルーズトリパノソーマ(Trypanosoma cruzi)は、ヒトのシャーガス病の原因となる寄生原虫であり、多種多様な有核の哺乳動物細胞内に侵入して複製する能力をもつ。感染性のT. cruziトリポマスティゴートの宿主細胞侵入は、寄生虫に誘発された宿主細胞シグナル伝達経路の活性化によって制御される。T.cruziの侵入過程において宿主細胞のホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)が果たす役割を明らかにした最近の研究では、この病原体の宿主細胞侵入機構に関する驚くべき新たな洞察が示されている。このPerspectiveでは、これらの知見について論じ、この新情報を取り入れたT. cruzi侵入の新たなモデルを提案する。

B. A. Burleigh, Host Cell Signaling and Trypanosoma cruzi Invasion: Do All Roads Lead to Lysosomes?. Sci. STKE 2005, pe36 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る