• ホーム
  • 細胞表面相互作用の化学的言語を学ぶ

細胞表面相互作用の化学的言語を学ぶ

Learning the Chemical Language of Cell-Surface Interactions

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 301, pp. pe45, 13 September 2005
[DOI: 10.1126/stke.3012005pe45]

Jay T. Groves*

Department of Chemistry University of California Berkeley CA USA.
Contact information. E-mail, JTGroves@lbl.gov

要約 : 生物を収穫したり,訓練したり,家畜化したりすることによって,その生物に本来備わっている能力を望まれる用途に利用することは、人類が成し遂げたものの中で最も基礎的な部分である。この概念を細胞レベルに拡張するには、生細胞と合成物質の間の化学的インターフェースを正確に制御する必要がある。大きな目標は、細胞の挙動を実験的に調べることから細胞に特定のシグナルを伝える合成物質の予測的な設計に進むことである。そのためには、細胞シグナル伝達機構を詳しく理解することと、生体分子を組み込んだハイブリッド物質を正確に定義された方法で合成する能力が必要である。細胞を用いた合成インターフェースの開発に有望な進展が多いことから、予測的な設計への動きが進んでいることが示唆される。

J. T. Groves, Learning the Chemical Language of Cell-Surface Interactions. Sci. STKE 2005, pe45 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る