• ホーム
  • ERKシグナル伝達経路のハイジャック:ライ菌(Mycobacterium leprae)はMEKを避けて、感染シュワン細胞の増殖を誘導する

ERKシグナル伝達経路のハイジャック:ライ菌(Mycobacterium leprae)はMEKを避けて、感染シュワン細胞の増殖を誘導する

Hijacking the ERK Signaling Pathway: Mycobacterium leprae Shuns MEK to Drive the Proliferation of Infected Schwann cells

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 309, pp. pe52, 8 November 2005
[DOI: 10.1126/stke.3092005pe52]

Luke A. Noon and Alison C. Lloyd*

MRC Laboratory for Molecular Cell Biology and Department of Biochemistry, University College London, Gower Street, London WC1E 6BT, UK.
Corresponding author. E-mail: alison.lloyd@ucl.ac.uk

要約 : シュワン細胞は、ハンセン病をもたらす病原体であるライ菌(Mycobacterium leprae)の標的である。ライ菌は、いったん細胞内に入ると宿主の増殖機構を活性化させることで、感染しやすい細胞の数を増やす。哺乳動物細胞の周期のこの驚くべき操作は、TapinosとRambukkanaの最近の研究課題であり、彼らによって、ライ菌が細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)への新規経路を通して増殖を誘導することが示されている。このPerspectiveでは、この重要な研究について考察し、増殖誘導のためにライ菌が用いる非典型的な経路について強調して述べる。

L. A. Noon, A. C. Lloyd, Hijacking the ERK Signaling Pathway: Mycobacterium leprae Shuns MEK to Drive the Proliferation of Infected Schwann cells. Sci. STKE 2005, pe52 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る