• ホーム
  • 下垂体のプロラクチン産生細胞(Lactotroph)に対するエンドセリンの作用:1つの受容体、多くのGTP結合タンパク質

下垂体のプロラクチン産生細胞(Lactotroph)に対するエンドセリンの作用:1つの受容体、多くのGTP結合タンパク質

Endothelin Action on Pituitary Lactotrophs: One Receptor, Many GTP-Binding Proteins

Perspectives

Sci. STKE,Vol. 2006, Issue 319, pp. pe4, 24 January 2006
[DOI: 10.1126/stke.3192006pe4]

Richard Bertram1,2*, Joel Tabak2*, Natalia Toporikova1*, and Marc E. Freeman2,3*

1 Department of Mathematics, Florida State University, Tallahassee, FL 32306, USA.
2 Program in Neuroscience, Florida State University, Tallahassee, FL 32306, USA.
3 Department of Biological Sciences, Florida State University, Tallahassee, FL 32306, USA.
* Corresponding authors. E-mail, bertram@math.fsu.edu (R.B.); joel@neuro.fsu.edu (J.T.); ntoporik@math.fsu.edu (N.T.); freeman@neuro.fsu.edu (M.E.F.)

要約 : エンドセリンは、下垂体のプロラクチン産生細胞に対する二相性作用をもつホルモンファミリーである。最初の作用は促進性であるが、後にアゴニスト除去後も長く持続する阻害作用となる。最近の研究により、これらの作用に関与する複数のGタンパク質経路が発見された。

R. Bertram, J. Tabak, N. Toporikova, M. E. Freeman, Endothelin Action on Pituitary Lactotrophs: One Receptor, Many GTP-Binding Proteins. Sci. STKE 2006, pe4 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る