• ホーム
  • 膜におけるシグナル伝達複合体の構築

膜におけるシグナル伝達複合体の構築

Building Signaling Complexes at the Membrane

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 321, pp. pe7, 7 February 2006
[DOI: 10.1126/stke.3212006pe7]

Wonhwa Cho*

Department of Chemistry (M/C 111), 845 West Taylor Street, University of Illinois at Chicago, Chicago, IL 60607-7061, USA.
*Contact information. Telephone, 312-996-4883; fax, 312-996-2183; e-mail, wcho@uic.edu

要約 : 細胞の膜、特に細胞膜は、様々な細胞シグナル伝達ネットワークの中枢として働く。受容体の活性化に応答して、多くのサイトゾルのタンパク質が可逆的に膜にリクルートされ、動的なシグナル伝達複合体を形成する。膜は独特の微小環境を提供し、そこではタンパク質−タンパク質および脂質―タンパク質相互作用の精巧な相互関係によってシグナル伝達複合体の形成が絶妙に制御されると考えられる。

W. Cho, Building Signaling Complexes at the Membrane. Sci. STKE 2006, pe7 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る