• ホーム
  • プロテオグリカンの独特の機能を解明する

プロテオグリカンの独特の機能を解明する

Shedding Light on the Distinct Functions of Proteoglycans

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 329, pp. pe17, 4 April 2006
[DOI: 10.1126/stke.3292006pe17]

Scott B. Selleck*

The Developmental Biology Center, and Departments of Pediatrics and Genetics, Cell Biology and Development, University of Minnesota, Minneapolis, MN 55455, USA.
*Corresponding author. E-mail, selle011@umn.edu

要約 : ヘパラン硫酸プロテオグリカン(HSPG)は、Wnt、トランスフォーミング増殖因子-β、ヘッジホッグ、繊維芽細胞増殖因子のファミリーのメンバーを含む多くの増殖因子が関与するシグナル伝達に非常に重要な遍在性分子であり、細胞の機能分化、軸索ガイダンス、モルフォゲン勾配の確立にとって不可欠である。HSPGのヘパラン硫酸修飾は非常に重要であるが、タンパク質のコアがこれらの細胞表面分子および細胞マトリックス分子の特定のシグナル伝達機能にどのように寄与するのかについて知るべきことは多くある。最近の研究で、腫瘍細胞に発現されるグリピカン-1とシンデカン-1が、FGF2シグナル伝達において特定の役割を果たし、この分裂促進性の刺激に対する応答に影響を与えることが示された。

S. B. Selleck, Shedding Light on the Distinct Functions of Proteoglycans. Sci. STKE 2006, pe17 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る