• ホーム
  • セカンドメッセンジャーのパ・ド・ドゥ:カルシウムとcAMPの調和したダンス

セカンドメッセンジャーのパ・ド・ドゥ:カルシウムとcAMPの調和したダンス

Second Messenger Pas de Deux: The Coordinated Dance Between Calcium and cAMP

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 336, pp. pe22, 23 May 2006
[DOI: 10.1126/stke.3362006pe22]

Laura N. Borodinsky* and Nicholas C. Spitzer

Neurobiology Section and Kavli Institute for Brain and Mind, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093, USA.
*Corresponding author. E-mail: lborodin@biomail.ucsd.edu

要約 : 動的なカルシウムシグナル伝達は、生物学においてよく確立された教え(precept)である。様々な細胞種で、自発的および刺激誘発的な細胞内カルシウム濃度の一過性の変化が認められる。この応答様式は、他のセカンドメッセンジャーにもあてはまるのであろうか。他のセカンドメッセンジャーの濃度変化の可視化を可能にする蛍光レポーター分子を用いて、様々なシグナル伝達経路の光学的解析はかなり進んでいる。技術的に洗練されたプローブを用いた最近の研究では、サイクリックアデノシン3',5'-一リン酸(cAMP)の動態の時間的および空間的な分解能が向上し、cAMPとカルシウムの細胞内変動の双方向的な相互作用に関する洞察が得られている。cAMPはホルモンに応答して変動するが、細胞はこのセカンドメッセンジャーの一過性変化と持続性変化を見分けて、異なる応答を示すことができる。いまや、セカンドメッセンジャーレポーターを用いて複数の関与因子を追跡することが可能であり、シグナル伝達ネットワークの動態像が得られる。

L. N. Borodinsky, N. C. Spitzer, Second Messenger Pas de Deux: The Coordinated Dance Between Calcium and cAMP. Sci. STKE 2006, pe22 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る