• ホーム
  • HIFでブレーキをかける:ヒト悪性腫瘍の治療機会

HIFでブレーキをかける:ヒト悪性腫瘍の治療機会

HIFing the Brakes: Therapeutic Opportunities for Treatment of Human Malignancies

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 337, pp. pe25, 30 May 2006
[DOI: 10.1126/stke.3372006pe25]

Joseph A. Garcia*

Department of Internal Medicine, University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas, 5323 Harry Hines Boulevard, Dallas, TX 75390-8573, USA.
*Contact information. E-mail, joseph.garcia@utsouthwestern.edu

要約 : 腫瘍細胞が制御不能の状態で生存して増殖する困った能力は、臨床医学者と基礎研究者の注目を等しく集めてきた。腫瘍細胞が増殖に用いる分子機構は、正常な細胞増殖および分化に用いられる経路と全く同じである。腫瘍細胞に増殖優位性を付与する1つの重要な経路は、上皮増殖因子受容体(EGFR)経路である。EGFRを介するシグナル伝達は、ホスファチジルイノシトール3キナーゼ−Akt経路の活性化をもたらし、低酸素誘導性因子(HIF)を含む複数のエフェクターの活性を亢進させる。HIFは、環境ストレス応答に関与する細胞の転写因子である。HIFのメンバーが活性化する標的遺伝子で腫瘍増殖に関連しているものには、転写活性化因子、転写抑制因子、サイトカイン、増殖因子、およびそれらの受容体がある。このPerspectiveでは、癌細胞でのEGFR誘導性HIFシグナル伝達において最終的に影響を受けるシグナル伝達物質、標的遺伝子、および腫瘍特性に対するHIF1メンバーの作用という観点で、最近の複数の研究から得られた知見について議論する。

J. A. Garcia, HIFing the Brakes: Therapeutic Opportunities for Treatment of Human Malignancies. Sci. STKE 2006, pe25 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る