• ホーム
  • 細胞核境界の内側と外側で異なる転写因子の多重人格

細胞核境界の内側と外側で異なる転写因子の多重人格

Split Personality of Transcription Factors Inside and Outside the Nuclear Border

Perspectives

Sci. STKE, 30 January 2007 Vol. 2007, Issue 371, p. pe5
[DOI: 10.1126/stke.3712007pe5]

Jose R. Naranjo* and Britt Mellstrom

Centro Nacional de Biotecnologia, Consejo Superior de Investigaciones Cientificas, Madrid, Spain.
*Corresponding author. E-mail: naranjo@cnb.uam.es

要約 : 転写因子が遺伝子転写の制御とはまったく異なる機能を有する可能性を示唆する証拠は増大しつつある。今回は、核外では、独立してはいるが収束的な3通りの機構によってカルシウムの恒常性を制御する3つの転写因子について説明する。

J. R. Naranjo, B. Mellstrom, Split Personality of Transcription Factors Inside and Outside the Nuclear Border. Sci. STKE 2007, pe5 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る