理解可能な複雑さ

Understandable Complexity

Perspectives

Sci. STKE, 6 March 2007 Vol. 2007, Issue 376, p. pe9
[DOI: 10.1126/stke.3762007pe9]

Jorg Stelling*

Institute of Computational Science, ETH Zurich, 8092 Zurich, Switzerland.
*Corresponding author. E-mail: joerg.stelling@inf.ethz.ch
Review and commentary on An Introduction to Systems Biology: Design Principles of Biological Circuits, by Uri Alon (Chapman & Hall/CRC, Taylor & Francis Group, Boca Raton, FL, 2006), 301 pp., ISBN: 1-58488-642-0.

要約 : システム生物学の分野は、最近かなりの注目を集めているが、システム生物学を定義したり実際に手がけたりするのは容易ではない。Uri Alonによる書籍「システム生物学入門:生物学的回路の設計原理(An Introduction to Systems Biology: Design Principles of Biological Circuits)」は、定義と入門の両方を非常に助けるものである。本書は、特に、幅広い生物学的例を用いて、生物学的ネットワークの基礎概念を型にはまった解析法への導入へと結びつけている。本書のねらいはシステム生物学を網羅することではない―むしろ、本書はこの分野に独特の本質に的を絞り、その本質を分かりやすく説明している。

J. Stelling, Understandable Complexity. Sci. STKE 2007, pe9 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る