• ホーム
  • FatハエがHippoシグナル伝達経路を発展させた:大きさの制御の問題

FatハエがHippoシグナル伝達経路を発展させた:大きさの制御の問題

Fat Flies Expanded the Hippo Pathway: A Matter of Size Control

Perspectives

Sci. STKE, 3 April 2007 Vol. 2007, Issue 380, p. pe12
[DOI: 10.1126/stke.3802007pe12]

Feng Yin and Duojia Pan*

Department of Molecular Biology and Genetics, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21205, USA.
*Corresponding author: E-mail, djpan@jhmi.edu

要約 : Hippoシグナル伝達経路は、アポトーシスを促進すると同時に細胞増殖を阻害することによって、ショウジョウバエ(Drosophila)の発生過程で器官の大きさを制限する確固とした機構を提供している。この増殖調節経路の鍵となる細胞内成分の解明は目覚ましく進歩したが、Hippoシグナル伝達経路をin vivoで調節するシグナルの性質は依然として分かりにくい。今日では、複数の研究が、典型的ではないカドヘリンタンパク質のFatをHippoシグナル伝達経路の細胞表面受容体として意味付けており、それによりHippoキナーゼカスケードと細胞外環境を潜在的に結び付けている。

F. Yin, D. Pan, Fat Flies Expanded the Hippo Pathway: A Matter of Size Control. Sci. STKE 2007, pe12 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る