• ホーム
  • キノームのCdc37制御:とどめておく時、折りたたむ時(?When to Hold‘Em and When to Fold‘Em)

キノームのCdc37制御:とどめておく時、折りたたむ時(?When to Hold‘Em and When to Fold‘Em)

Cdc37 Regulation of the Kinome: When to Hold‘Em and When to Fold‘Em

Perspectives

>Sci. STKE, 8 May 2007 Vol. 2007, Issue 385, p. pe22
[DOI: 10.1126/stke.3852007pe22]

Larry M. Karnitz1*

1Department of Molecular Pharmacology and Experimental Therapeutics and
2Department of Biochemistry and Molecular Biology, Mayo Clinic College of Medicine, Rochester, MN 55905, USA.
*Corresponding author. 200 First Street SW, Guggenheim 13, Division of Oncology Research, Mayo Clinic College of Medicine, Rochester, MN 55905, USA. Telephone, 507-284-3124; fax, 507-284-3906; e-mail, karnitz.larry@mayo.edu

要約 : 大規模なゲノム配列解析の試みから、数種類の真核生物ゲノムによってコードされるプロテインキナーゼが同定され、一細胞中で発現されるキナーゼがプロテオミクス解析により決定され始めたが、真核生物のキノーム(kinome)を形成するさらなる細胞イベントに関してはまだ学ぶべきことが多い。出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)における大規模な解析により、比較的小さなサブセットのキナーゼが熱ショックタンパク質90(Hsp90)のシャペロン作用を必要とすることが示唆された。しかし、新たな証拠から、大部分のキナーゼはやはりシャペロン作用を必要とし、さらに、Hsp90依存性および非依存性の機能を有するシャペロンであるCdc37は、大部分の酵母キノームのシャペロンとして働くことが示唆される。

L. M. Karnitz, S. J. Felts, Cdc37 Regulation of the Kinome: When to Hold‘Em and When to Fold‘Em. Sci. STKE 2007, pe22 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る