• ホーム
  • 困ったときの錬金術:代謝シグナルを興奮性に変換する

困ったときの錬金術:代謝シグナルを興奮性に変換する

Alchemy in the Soup: Transforming Metabolic Signals to Excitability

Perspectives

Sci. STKE, 30 October 2007 Vol. 2007, Issue 410, p. pe59
[DOI: 10.1126/stke.4102007pe59]

Colin G. Nichols*

Department of Cell Biology and Physiology, Washington University School of Medicine, 660 South Euclid Avenue, St. Louis, MO 63110, USA.
*Contact information. E-mail, cnichols@cellbio.wustl.edu

要約 : 細胞代謝と電気的シグナル伝達の交差点では、環境と細胞機能がミリ秒から一生涯に及ぶ時間尺度で結び付けられる。細胞代謝物に対する応答において、アデノシン三リン酸(ATP)感受性カリウム(KATP)チャネルは、この交差点を構成する重要な要素である。最近のいくつかの研究によって、複数の組織におけるKATPチャネルの役割や、KATPチャネル活性の異常と細胞代謝感知の障害が広範囲に及ぼす影響が解明され始めている。

C. G. Nichols, Alchemy in the Soup: Transforming Metabolic Signals to Excitability. Sci. STKE 2007, pe59 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る