• ホーム
  • 神経栄養因子とパーキンソン病:新プレーヤーの出現?

神経栄養因子とパーキンソン病:新プレーヤーの出現?

Neurotrophic Factors and Parkinson’s Disease: The Emergence of a New Player?

Perspectives

Sci. STKE, 6 November 2007 Vol. 2007, Issue 411, p. pe60
[DOI: 10.1126/stke.4112007pe60]

William Dauer*

Departments of Neurology and Pharmacology, Columbia University, Neurological Institute of New York, Box 204, 710 West 168th Street, New York, NY 10032, USA.
Contact information. *E-mail, wtd3@columbia.edu

要約 : 神経栄養因子の投与は、パーキンソン病などの神経変性疾患の治療法となる可能性がある。しかし、ドラッグデリバリーおよび潜在的な副作用に関する問題が、この治療戦略の臨床適用を制限してきた。ドーパミン作動性ニューロンに対して活性を示す新規クラスの神経栄養因子CDNFおよびMANFが同定されたことで、神経栄養因子、あるいはそのシグナル伝達経路の下流因子に基づく神経変性疾患の治療法に対する期待が高まる。

W. Dauer, Neurotrophic Factors and Parkinson’s Disease: The Emergence of a New Player? Sci. STKE 2007, pe60 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る