• ホーム
  • ニューロン機能の調節におけるNF-κBシグナル伝達経路の新たな役割

ニューロン機能の調節におけるNF-κBシグナル伝達経路の新たな役割

Novel Roles for the NF-κB Signaling Pathway in Regulating Neuronal Function

Perspectives

Science Signaling, 12 February 2008
Vol. 1, Issue 6, p. pe7
[DOI: 10.1126/stke.16pe7]

Matt C. Boersma and Mollie K. Meffert*

Departments of Biological Chemistry and Neuroscience, Johns Hopkins University School of Medicine, 725 North Wolfe Street, Baltimore, MD 21205, USA.
*Corresponding author. E-mail, mkm@jhmi.edu

要約 : 神経系における核内因子κB (NF-κB)経路の構成成分の新たな役割を示すエキサイティングな2つの報告において、NF-κBによる転写活性化およびκB阻害因子(IκB)キナーゼ複合体(IKK)によるクロマチンリモデリングと哺乳類中枢神経系における恐怖条件付け記憶の想起および再固定との関係が示された。またショウジョウバエ(Drosophila)の神経筋接合部では、NF-κBファミリーのメンバーがグルタミン酸受容体のクラスター形成を調節することが報告された。いずれの報告もニューロン可塑性におけるNF-κBシグナル伝達経路の機能に関する重要な示唆を与えるものである。

M. C. Boersma, M. K. Meffert, Novel Roles for the NF-κB Signaling Pathway in Regulating Neuronal Function. Science Signaling 1, pe7 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る