• ホーム
  • 骨芽細胞におけるNotchシグナル伝達

骨芽細胞におけるNotchシグナル伝達

Notch Signaling in Osteoblasts

Perspectives

Sci. Signal., 29 April 2008
Vol. 1, Issue 17, p. pe17
[DOI: 10.1126/stke.117pe17]

Ernesto Canalis*

Department of Research, Saint Francis Hospital and Medical Center, 114 Woodland Street, Hartford, CT 06105, USA, and University of Connecticut School of Medicine, Farmington, CT 06030, USA.
*Corresponding author. E-mail, ecanalis@stfranciscare.org

要約 : 骨リモデリングは新しいマトリックスを形成する骨芽細胞と骨吸収を担う破骨細胞の協調した活動によって起こる。Notchタンパク質は細胞の運命を決定する1回膜貫通型受容体である。最近の機能獲得および機能喪失実験により、発生過程および生後の骨における骨芽細胞と破骨細胞の分化に対するNotchの抑制作用が明らかになり、骨リモデリングにおけるNotchシグナル伝達の役割が確立された。

E. Canalis, Notch Signaling in Osteoblasts. Sci. Signal. 1, pe17 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る