• ホーム
  • 四人操縦:化学走性を指令する複雑なシグナル伝達経路

四人操縦:化学走性を指令する複雑なシグナル伝達経路

Steering in Quadruplet: The Complex Signaling Pathways Directing Chemotaxis

Perspectives

Sci. Signal., 3 June 2008 Vol. 1, Issue 22, p. pe26
[DOI: 10.1126/scisignal.122pe26]

Erin C. Rericha1 and Carole A. Parent2*

1Institute for Research in Electronics and Applied Physics, University of Maryland, College Park, MD 20742, USA.
2Laboratory of Cellular and Molecular Biology, Center for Cancer Research, National Cancer Institute, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.
*Corresponding author. E-mail, parentc@mail.nih.gov

要約 : 社会性アメーバDictyostelium discoideumの研究により、化学走性方向感知と移動を統合するシグナル伝達カスケードは複雑で、細胞分化につれて重複経路が現れることが明らかになっている。移動細胞の先導端マーカーであるホスファチジルイノシトール3,4,5-トリスリン酸の蓄積の欠如は、初期発生段階の細胞ではホスホリパーゼA2(PLA2)、後期発生段階の極性細胞ではグアニル酸シクラーゼ(GC)を含む経路によって補償される。Dictyostelium化学走性中に作動する多数のシグナル伝達ネットワークが哺乳動物細胞でも保存されていることから、PLA2経路およびGC経路は、高等真核生物でも機能していると考えられる。これは、今後の研究に新たな道を開くであろう。

E. C. Rericha, C. A. Parent, Steering in Quadruplet: The Complex Signaling Pathways Directing Chemotaxis. Sci. Signal. 1, pe26 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る