• ホーム
  • ジヌクレオチド感知タンパク質:シグナル伝達ネットワークをつなぎ、転写を調節する

ジヌクレオチド感知タンパク質:シグナル伝達ネットワークをつなぎ、転写を調節する

Dinucleotide-Sensing Proteins: Linking Signaling Networks and Regulating Transcription

Perspectives

Sci. Signal., 19 August 2008
[DOI: 10.1126/scisignal.133pe38]

Heather K. Lamb1, David K. Stammers2, and Alastair R. Hawkins1*

1Institute for Cell and Molecular Biosciences, Catherine Cookson Building, Newcastle University, Framlington Place, Newcastle upon Tyne NE2 4HH, UK.
2Division of Structural Biology, The Wellcome Trust Centre for Human Genetics, University of Oxford, Roosevelt Drive, Oxford OX3 7BN, UK.
*Corresponding author. E-mail, a.r.hawkins@ncl.ac.uk

要約 : ジヌクレオチドは、鍵となる調節タンパク質に示差的に結合することにより、他のタンパク質との相互作用を調整したり、場合によっては細胞内の酸化還元状態の変動を合図したりして、転写および生理状態に変化をもたらすことができる。ジヌクレオチド結合タンパク質であるヒトHSCARGおよび酵母の転写リプレッサーGal80pは、ジヌクレオチド感知タンパク質がジヌクレオチド比の変動と転写の変化を共役させ、異なるクラスのシグナル伝達分子を連結するネットワークの媒体として働く刺激的な可能性を示唆する例である。

H. K. Lamb, D. K. Stammers, A. R. Hawkins, Dinucleotide-Sensing Proteins: Linking Signaling Networks and Regulating Transcription. Sci. Signal. 1, pe38 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る