• ホーム
  • 骨生物学における新たな洞察:細胞外カルシウム感知受容体の骨格系への影響の解明

骨生物学における新たな洞察:細胞外カルシウム感知受容体の骨格系への影響の解明

New Insights in Bone Biology: Unmasking Skeletal Effects of the Extracellular Calcium-Sensing Receptor

Perspectives

Sci. Signal., 2 September 2008
Vol. 1, Issue 35, p. pe40
[DOI: 10.1126/scisignal.135pe40]

Edward M. Brown1 and Jane B. Lian2*

1 Division of Endocrinology, Diabetes and Hypertension, Department of Medicine, Brigham and Women’s Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA 20115, USA.
2 Department of Cell Biology and Orthopedic Surgery, University of Massachusetts Medical School, Worcester, MA 01655, USA.
* Corresponding author. E-mail, jane.lian@umassmed.edu

要約 : 副甲状腺細胞、軟骨細胞、または骨芽細胞系細胞における細胞外カルシウム感知受容体(CaSR)の発現を特異的に完全に消失させたマウスを用いた実験により、カルシウム動員ホルモン軸とは独立の、胎生期の骨格発生、出生後の骨形成、および骨芽細胞分化におけるCaSRの主要な役割を表す表現型が同定された。これらの長い間待ち望まれていた研究により、CaSRをコードする遺伝子に変異を有する患者において副甲状腺、腎臓および代謝性骨疾患の間に成り立つシグナル伝達上の関係がさらに解明され、骨格系細胞のCaSRが関与するシグナル伝達経路の理解につながる新たな洞察が与えられた。

E. M. Brown, J. B. Lian, New Insights in Bone Biology: Unmasking Skeletal Effects of the Extracellular Calcium-Sensing Receptor. Sci. Signal. 1, pe40 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る