周期的に経路を探る

Probing Pathways Periodically

Perspectives

Sci. Signal., 21 October 2008
Vol. 1, Issue 42, p. pe47
[DOI: 10.1126/scisignal.142pe47]

Timothy C. Elston*

Department of Pharmacology, University of North Carolina, Chapel Hill, NC 27599, USA.
* Corresponding author. E-mail: telston@med.unc.edu

要約 : シグナル伝達経路は、細胞がその外部環境に関する情報を処理し、伝達するために用いられる。これらのシステムは動的で、相互接続した分子ネットワークである。したがって、その挙動の特性を完全に解明するには、システムレベルの解析が必要である。一時的に周期変動する入力シグナルを用いた研究によって、出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeの浸透圧応答(high-osmolarity glycerol:HOG)経路の動的特性が調べられた。これらの研究は、ネットワークの機能全体が環境条件の変化に応答する仕組みの解明に役立つ。

T. C. Elston, Probing Pathways Periodically. Sci. Signal. 1, pe47 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る