• ホーム
  • IL-4とIL-13を介するシグナル伝達経路の複雑な網を解く

IL-4とIL-13を介するシグナル伝達経路の複雑な網を解く

Untangling the Complex Web of IL-4- and IL-13-Mediated Signaling Pathways

Perspectives

Sci. Signal., 23 December 2008
Vol. 1, Issue 51, p. pe55
[DOI: 10.1126/scisignal.1.51.pe55]

Marsha Wills-Karp1* and Fred D. Finkelman1,2

1 Division of Immunobiology, Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, Cincinnati, OH, 45229, USA.
2 Department of Medicine, University of Cincinnati College of Medicine, Cincinnati, OH 45267-0555, USA, and Cincinnati Veterans Affairs Medical Center, Cincinnati, OH 45220, USA.
* Corresponding author. E-mail, wildc7@cchmc.org

要約 : T細胞由来のサイトカインであるインターロイキン-4(IL-4)とIL-13は、構造が類似しており、機能的シグナル伝達受容体鎖が共通しているので、それぞれの機能を仲介する正確なシグナル伝達事象を解明することは困難である。IL-4は受容体との結合によりインスリン受容体基質-2(IRS-2)シグナル伝達カスケードを効果的に活性化させることができるが、IL-13にはそのような作用がないことなど、IL-4とIL-13の機能の違いを説明できる可能性のある分子機構が、研究によって提唱されている。IL-4やIL-13とそれらに対応する受容体との相互作用がさらに解明されれば、予期せぬ副作用のない治療法の開発が進む可能性がある。

M. Wills-Karp, F. D. Finkelman, Untangling the Complex Web of IL-4- and IL-13-Mediated Signaling Pathways. Sci. Signal. 1, pe55 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る