• ホーム
  • 内因性の幻覚誘発性微量アミンであるN,N-ジメチルトリプタミンがシグマ-1受容体に出会うとき

内因性の幻覚誘発性微量アミンであるN,N-ジメチルトリプタミンがシグマ-1受容体に出会うとき

When the Endogenous Hallucinogenic Trace Amine N,N-Dimethyltryptamine Meets the Sigma-1 Receptor

Perspectives

Sci. Signal., 10 March 2009
Vol. 2, Issue 61, p. pe12
[DOI: 10.1126/scisignal.261pe12]

Tsung-Ping Su*1, Teruo Hayashi1, and D. Bruce Vaupel2

1 Cellular Pathobiology Section, Cellular Neurobiology Research Branch, Intramural Research Program, National Institute on Drug Abuse, National Institutes of Health, Department of Health and Human Services, 333 Cassell Drive, Baltimore, MD 21224, USA.
2 Neuroimaging Research Branch, Intramural Research Program, National Institute on Drug Abuse, National Institutes of Health, Department of Health and Human Services, 333 Cassell Drive, Baltimore, MD 21224, USA.
* Corresponding author. Cellular Pathobiology Section, IRP, NIDA, NIH Suite 3304, 333 Cassell Drive, Baltimore, MD 21224, USA. Telephone: 443-740-2804; fax: 443-740-2142; e-mail: TSU@intra.nida.nih.gov.

要約 : N,N-ジメチルトリプタミン(DMT)はヒト脳内に内因性に認められる幻覚誘発性物質で、一般には5-ヒドロキシトリプタミン2A受容体または微量アミン関連受容体を標的とし、その幻覚作用を発揮すると認識されている。先頃、DMTはシグマ-1受容体に結合することが明らかにされた。これは、リガンドにより調節される分子シャペロンで、様々な電位感受性イオンチャネルを阻害するなどの機能をもつ。したがって、DMTの幻覚作用は一部、シグマ-1受容体を介している可能性がある。今回我々は、DMTがシグマ-1受容体に結合することがトリガーとなるかもしれないというシグナル伝達の仕組みを、仮説として示している。

T.-P. Su, T. Hayashi, D. B. Vaupel, When the Endogenous Hallucinogenic Trace Amine N,N-Dimethyltryptamine Meets the Sigma-1 Receptor. Sci. Signal. 2, pe12 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る