• ホーム
  • DNAメチル化の反転:成体の神経発生におけるニューロン活性誘導性Gadd45bからの新たな洞察

DNAメチル化の反転:成体の神経発生におけるニューロン活性誘導性Gadd45bからの新たな洞察

Reversing DNA Methylation: New Insights from Neuronal Activity-Induced Gadd45b in Adult Neurogenesis

Perspectives

Sci. Signal., 31 March 2009
Vol. 2, Issue 64, p. pe17
[DOI: 10.1126/scisignal.264pe17]

Hao Wu and Yi Eve Sun*

Department of Molecular and Medical Pharmacology and Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, MRRC at University of California Los Angeles (UCLA) Neuropsychiatric Institute, UCLA School of Medicine, Los Angeles, CA 90095, USA.
* Corresponding author. Telephone, 310-825-9506; fax, 310-206-5061; e-mail, ysun@mednet.ucla.edu

要約 : 成体哺乳動物の脳における神経発生には、前駆細胞の増殖およびニューロンの成熟に必須の活動依存的な遺伝子発現が関与している。ストレス応答遺伝子Gadd45b(増殖停止およびDNA損傷誘導性蛋白45β)がニューロンの活動によって一過性に誘導され、成体海馬における特定遺伝子のプロモーターの動的DNA脱メチル化を介して、成体の神経発生を促進する可能性が最近の研究で示唆されている。これらの結果は、哺乳動物の脳では、有糸分裂後ニューロンで能動的なDNA脱メチル化が起こり、DNAメチル化が媒介する動的エピジェティックな調節が神経可塑性の長期持続的変化の調節に関与しているという刺激的な理論を支持する証拠である。

H. Wu, Y. E. Sun, Reversing DNA Methylation: New Insights from Neuronal Activity-Induced Gadd45b in Adult Neurogenesis. Sci. Signal. 2, pe17 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る