• ホーム
  • mTORシグナル伝達に関する新たな知見:mTORC2とその先に

mTORシグナル伝達に関する新たな知見:mTORC2とその先に

New Insights into mTOR Signaling: mTORC2 and Beyond

Perspectives

Sci. Signal., 21 April 2009
Vol. 2, Issue 67, p. pe27
[DOI: 10.1126/scisignal.267pe27]

Dario R. Alessi*, Laura R. Pearce, and Juan M. García-Martínez

MRC Protein Phosphorylation Unit, College of Life Sciences, University of Dundee, Dow Street, Dundee DD1 5EH, Scotland, UK.
* Corresponding author. E-mail, d.r.alessi@dundee.ac.uk

要約 : 哺乳類ラパマイシン標的タンパク質複合体2(mTORC2)は、細胞の成長と増殖の調節において重要な役割を果たす。mTORC2は血清グルココルチコイド誘導性プロテインキナーゼ(serum glucocorticoid-induced protein kinase:SGK)の活性化を促進する。このmTOR複合体はさらに、AktやプロテインキナーゼCアイソフォームのターンモチーフに存在するプロリン指向性セリンまたはトレオニン部位の恒常的リン酸化も促進する。mTORC2は、Ser/Thr-Pro配列を標的とするキナーゼの活性を促進することによって、あるいはホスファターゼの活性を阻害することによって、ターンモチーフのリン酸化を制御する可能性がある。

D. R. Alessi, L. R. Pearce, J. M. García-Martínez, New Insights into mTOR Signaling: mTORC2 and Beyond. Sci. Signal. 2, pe27 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る