• ホーム
  • mTORC1がオートファジー調節複合体ULK1-mAtg13-FIP200をリン酸化する

mTORC1がオートファジー調節複合体ULK1-mAtg13-FIP200をリン酸化する

mTORC1 Phosphorylates the ULK1-mAtg13-FIP200 Autophagy Regulatory Complex

Perspectives

Sci. Signal., 18 August 2009
Vol. 2, Issue 84, p. pe51
[DOI: 10.1126/scisignal.284pe51]

Edmond Y. Chan*

Strathclyde Institute of Pharmacy and Biomedical Sciences, University of Strathclyde, 27 Taylor Street, Glasgow G4 0NR, UK.
* Corresponding author. E-mail: edmond.chan@strath.ac.uk

要約 : 高い栄養素利用性は哺乳類のラパマイシン標的タンパク質複合体1(mTORC1)を刺激し、タンパク質合成などの同化過程を協調的に活性化する一方で、オートファジーという細胞の異化作用を抑制する。mTORC1の基質であるp70リボソームS6キナーゼ(p70S6K)と真核生物開始因子4E結合タンパク質1(4E-BP1)を介して、タンパク合成が正の調節を受けることはよく調べられている。mTORC1が哺乳類のAtg13タンパク質であるunc-51-like kinase 1(ULK1)と200 kDの接着斑キナーゼ相互作用タンパク質(FIP200)から成るオートファジー調節複合体をリン酸化するという相補的な抑制機構も解明されている。

E. Y. Chan, mTORC1 Phosphorylates the ULK1-mAtg13-FIP200 Autophagy Regulatory Complex. Sci. Signal. 2, pe51 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る