• ホーム
  • モルフォゲン勾配に立ち向かう:成長にとってどれくらい重要なのか

モルフォゲン勾配に立ち向かう:成長にとってどれくらい重要なのか

Confronting Morphogen Gradients: How Important Are They for Growth?

Perspectives

Sci. Signal., 27 October 2009
Vol. 2, Issue 94, p. pe67
[DOI: 10.1126/scisignal.294pe67]

Fisun Hamaratoglu1*, Konrad Basler2, and Markus Affolter1

1 Biozentrum der Universität Basel, Klingelbergstrasse 70, CH-4056 Basel, Switzerland.
2 Institute of Molecular Biology, University of Zürich, Winterthurerstrasse 190, CH-8057 Zürich, Switzerland.
* Corresponding author. E-mail, fisun.hamaratoglu@unibas.ch

要約 : 器官のパターン形成および成長の調節にはモルフォゲンが極めて重要である。発生中のハエの羽において、モルフォゲンであるDecapentaplegicおよびWinglessの勾配分布は組織パターン形成に欠かせないが、成長に欠かせないわけではないことを示唆する研究結果がある。

F. Hamaratoglu, K. Basler, M. Affolter, Confronting Morphogen Gradients: How Important Are They for Growth? Sci. Signal. 2, pe67 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る