• ホーム
  • TRPチャネルの仲間:TRPM1とTRPM2の細胞内機能

TRPチャネルの仲間:TRPM1とTRPM2の細胞内機能

In with the TRP Channels: Intracellular Functions for TRPM1 and TRPM2

Perspectives

Sci. Signal., 3 November 2009
Vol. 2, Issue 95, p. pe69
[DOI: 10.1126/scisignal.295pe69]

Sandip Patel1* and Roberto Docampo2*

1 Department of Cell and Developmental Biology, University College London, London WC1E 6BT, UK.
2 Center for Tropical and Emerging Global Diseases and Department of Cellular Biology, University of Georgia, Athens, GA 30602, USA.
* Corresponding authors. E-mail, patel.s@ucl.ac.uk(S.P.); rdocampo@uga.edu(R.D.)

要約 : 一過性受容体電位(TRP)チャネルは、陽イオンチャネルの大きなファミリーであり、そのメンバーの多くは主に細胞膜に局在し、そこで多様な、しばしば感覚性の刺激の作用を伝達する。TRPメラスタチンサブファミリーに属するTRPM1とTRPM2の2つは、細胞内コンパートメントに局在し、それぞれメラニン合成と酸化ストレス誘導性の細胞死に関与する。これらの結果は、TRPチャネルの局在と機能に関する新たな知見を提供する。

S. Patel, R. Docampo, In with the TRP Channels: Intracellular Functions for TRPM1 and TRPM2. Sci. Signal. 2, pe69 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る