• ホーム
  • アクトミオシンネットワークの細胞力学とフィードバック調節

アクトミオシンネットワークの細胞力学とフィードバック調節

Cell Mechanics and Feedback Regulation of Actomyosin Networks

Perspectives

Sci. Signal., 15 December 2009
Vol. 2, Issue 101, p. pe78
[DOI: 10.1126/scisignal.2101pe78]

Rodrigo Fernandez-Gonzalez and Jennifer A. Zallen*

Howard Hughes Medical Institute and the Developmental Biology Program, Sloan-Kettering Institute, 1275 York Avenue, New York, NY 10065, USA.

* Corresponding author. E-mail, zallenj@mskcc.org .

要約 : アクトミオシンの収縮力は、形態形成の際に細胞と組織を形作る主要な力発生装置である。今回ショウジョウバエで得られた新たな証拠は、このような力が、複雑な細胞環境の中で動的なフィードバックをもたらす生化学的信号と機械的信号の組合せによって空間的に組織化されていることを実証するものである。

R. Fernandez-Gonzalez, J. A. Zallen, Cell Mechanics and Feedback Regulation of Actomyosin Networks. Sci. Signal. 2, pe78 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る