• ホーム
  • 勾配を感知するための局所性興奮、全般的抑制のメカニズム:対話型アプレット

勾配を感知するための局所性興奮、全般的抑制のメカニズム:対話型アプレット

Local Excitation, Global Inhibition Mechanism for Gradient Sensing: An Interac-tive Applet

Protocols

Sci. STKE, Vol. 2004, Issue 219, pp. pl3, 10 February 2004
[DOI: 10.1126/stke.2192004pl3]

Brett Kutscher1, Peter Devreotes2, and Pablo A. Iglesias1*

1Department of Electrical and Computer Engineering, Johns Hopkins University, 3400 North Charles Street, 226 Barton Hall, Baltimore, MD 21218, USA.
2Department of Cell Biology, Johns Hopkins University School of Medicine, 725 North Wolfe Street, 114 WBSB, Baltimore, MD 21205, USA.
*Corresponding author. Telephone, +1-410-516-6026; fax, +1-410-516-5566; e-mail, pi@jhu.edu

要約 : 我々は、細胞が迅速な局所性興奮と緩慢な全般的抑制の平衡を保つことによって化学誘引物質の勾配を感知するモデルを提案した。この一般的なメカニズムを解明するため我々は、化学誘引物質による空間的に均一または不均一な刺激を用いた研究室での実験を模倣する、対話型アプレットを作成した。

B. Kutscher, P. Devreotes, P. A. Iglesias, Local Excitation, Global Inhibition Mechanism for Gradient Sensing: An Interactive Applet. Sci. STKE 2004, pl3 (2004).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る