• ホーム
  • タンパク質発現量および翻訳後修飾のダイナミクスを研究するための細胞培養におけるアミノ酸を用いた安定同位体標識法(SILAC)

タンパク質発現量および翻訳後修飾のダイナミクスを研究するための細胞培養におけるアミノ酸を用いた安定同位体標識法(SILAC)

Stable Isotope Labeling with Amino Acids in Cell Culture (SILAC) for Studying Dynamics of Protein Abundance and Posttranslational Modifications

Protocols

Sci. STKE, Vol. 2005, Issue 267, pp. pl2,18 January 2005
[DOI: 10.1126/stke.2672005pl2]

Ramars Amanchy, Dario Eluan Kalume, and Akhilesh Pandey*

McKusick-Nathans Institute of Genetic Medicine and Department of Biological Chemistry and Oncology, Johns Hopkins University, Baltimore, MD 21218, USA.
*Corresponding author. Telephone, 410-502-6662; fax, 410-502-7544; e-mail, pandey@jhmi.edu

要約 : 細胞培養におけるアミノ酸を用いた安定同位体標識法(SILAC)は、質量分析により相対的に定量化するためにin vivoでタンパク質に微量の放射性同位元素を取り込む簡単かつ直接的な方法である。SILACは、タンパク質発現量および翻訳後修飾のダイナミクスを調べるのに簡単だが有効な方法である。今回われわれは、タンパク質複合体、タンパク質間相互作用ならびにタンパク質発現量および翻訳後修飾のダイナミクスの研究に本方法を用いるための詳しい解説を行なう。SILACは、細胞生物学のほとんどの領域に適用できることから、日常的に用いられる手法になると考える。我々はまた、本方法および関連情報に関する最新情報を研究者に提供するためにウェブサイト(http://www.silac.org)を作成した。

R. Amanchy, D. E. Kalume, A. Pandey, Stable Isotope Labeling with Amino Acids in Cell Culture (SILAC) for Studying Dynamics of Protein Abundance and Posttranslational Modifications. Sci. STKE 2005, pl2 (2005).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る