• ホーム
  • 蛍光分光法による膜表面のタンパク質親和性のリアルタイム測定

蛍光分光法による膜表面のタンパク質親和性のリアルタイム測定

Real-Time Measurements of Protein Affinities on Membrane Surfaces by Fluorescence Spectroscopy

Protocols

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 350, pp. pl5, 29 August 2006
[DOI: 10.1126/stke.3502006pl5]

Finly Philip and Suzanne Scarlata*

Department of Physiology and Biophysics, Stony Brook University, Stony Brook, NY 11794-8661, USA.
*Corresponding author. E-mail, suzanne.scarlata@sunysb.edu; telephone, 631-444-3071

要約 : 細胞内シグナル伝達には、タンパク質と膜との間や相互作用する異なるタンパク質間の一過性の相互作用が関与する。これらの会合は、相互作用の強さや局所的濃度に依存する。多くのプローブの蛍光のエネルギーや強度は、局所的環境に極めて感受性が高いことから、蛍光測定を膜結合やタンパク質会合などのイベントについてリアルタイムで報告できる。in vitroとin vivo両方で、蛍光により会合をモニターする方法について述べる。

F. Philip, S. Scarlata, Real-Time Measurements of Protein Affinities on Membrane Surfaces by Fluorescence Spectroscopy. Sci. STKE 2006, pl5 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る