• ホーム
  • 酸化感受性黄色蛍光タンパク質を用いた生細胞における酸化還元シグナル伝達の高解像度イメージング

酸化感受性黄色蛍光タンパク質を用いた生細胞における酸化還元シグナル伝達の高解像度イメージング

High-Resolution Imaging of Redox Signaling in Live Cells Through an Oxidation-Sensitive Yellow Fluorescent Protein

Protocols

Sci. Signal., 28 October 2008
Vol. 1, Issue 43, p. pl3
[DOI: 10.1126/scisignal.143pl3]

Giuseppe Maulucci2, Valentina Labate1, Marina Mele1, Emiliano Panieri1, Giuseppe Arcovito2, Tommaso Galeotti1, Henrik Ostergaard3, Jakob R. Winther4, Marco De Spirito2, and Giovambattista Pani1*

1 Institute of General Pathology, Catholic University Medical School, 00168 Rome, Italy.
2 Institute of Physics, Catholic University Medical School, 00168 Rome, Italy.
3 Novo Nordisk A/S, DK-2760 Malov, Denmark.
4 Department of Molecular Biology, August Krogh Building, Universitetsparken 13, DK-2100 Copenhagen, Denmark.
* Corresponding author. E-mail, gpani@rm.unicatt.it

要約 : 今回我々は、黄色蛍光タンパク質の酸化還元感受性変異体(rxYFP)を応用して、高感受性、時間的および空間的高解像度で、真核細胞の病態生理学的刺激に対する酸化反応を画像化する方法を発表する。この方法は、共焦点顕微鏡像の蛍光分布のレシオメトリックな定量に基づいており、接着細胞のリアルタイムな「酸化還元マップ」を描き、酸化還元活性をもつタンパク質の過剰発現により誘導される変化のような、細胞内の酸化還元状態のわずかな変化を記録することを可能にする。酸化還元シグナル伝達のin vivoイメージングのためのこの戦略は、酸化還元に基づく複雑な現象の研究が現在直面している技術的制約の多くを回避しており、シグナル伝達のこの拡大中の分野に大きく寄与することは間違いない。

G. Maulucci, V. Labate, M. Mele, E. Panieri, G. Arcovito, T. Galeotti, H. Ostergaard, J. R. Winther, M. De Spirito, G. Pani, High-Resolution Imaging of Redox Signaling in Live Cells Through an Oxidation-Sensitive Yellow Fluorescent Protein. Sci. Signal. 1, pl3 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る