• ホーム
  • パネキシン1ヘミチャネルを通して放出されるATPによるT細胞活性化のプリン作動性調節

パネキシン1ヘミチャネルを通して放出されるATPによるT細胞活性化のプリン作動性調節

Purinergic Control of T Cell Activation by ATP Released Through Pannexin-1 Hemichannels

Research Article

Sci. Signal., 30 September 2008
Vol. 1, Issue 39, p. ra6
[DOI: 10.1126/scisignal.1160583]

Ursula Schenk1, Astrid M. Westendorf2, Enrico Radaelli3, Anna Casati1,4, Micol Ferro1, Marta Fumagalli5, Claudia Verderio6, Jan Buer2, Eugenio Scanziani3, and Fabio Grassi1*

1 Institute for Research in Biomedicine, 6500 Bellinzona, Switzerland.
2 Institute of Medical Microbiology, University Hospital Essen, 45122 Essen, Germany.
3 Department of Veterinary Pathology, Hygiene and Public Health, University of Milan, 20100 Milan, Italy.
4 Department of Biology and Genetics for Medical Sciences, University of Milan, 20100 Milan, Italy.
5 Department of Pharmacological Sciences, University of Milan, 20100 Milan, Italy.
6 Department of Medical Pharmacology, CNR Institute of Neuroscience, University of Milan, 20100 Milan, Italy.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: fabio.grassi@irb.unisi.ch

要約 : T細胞受容体(TCR)が刺激を受けるとCa2+の流入が起こる。この流入はミトコンドリアによって緩和され、アデノシン三リン酸(ATP)の合成を促進する。筆者らは、活性化されたT細胞からパネキシン1ヘミチャネルを介して放出されるATPが、プリン作動性P2X受容体(P2XR)を活性化し、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)シグナル伝達を維持することを発見した。酸化型ATP(oATP)などのP2XRアンタゴニストは、刺激されたT細胞内のMAPK活性化を鈍らせたが、活性化T細胞の転写因子核因子の核内移行には影響を及ぼさず、T細胞アネルギーを促進した。in vivoでoATPを投与すると、抗膵島TCRを形質転換したT細胞によって媒介される糖尿病の発症が遮断され、炎症性腸疾患では腸炎惹起性T細胞の発生が損なわれた。したがって、ATP放出とシグナル伝達の薬理学的な阻害は、T細胞を介する炎症性疾患の治療に有益である可能性がある。

U. Schenk, A. M. Westendorf, E. Radaelli, A. Casati, M. Ferro, M. Fumagalli, C. Verderio, J. Buer, E. Scanziani, F. Grassi, Purinergic Control of T Cell Activation by ATP Released Through Pannexin-1 Hemichannels. Sci. Signal. 1, ra6 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る