• ホーム
  • ニューロンカルシウムセンサーVILIP1によるP2X2受容体の調節

ニューロンカルシウムセンサーVILIP1によるP2X2受容体の調節

Regulation of P2X2 Receptors by the Neuronal Calcium Sensor VILIP1

Research Article

Sci. Signal., 14 October 2008
Vol. 1, Issue 41, p. ra8
[DOI: 10.1126/scisignal.1162329]

Severine Chaumont1,2,3,4,5*, Vincent Compan3,4,5, Estelle Toulme1,2, Esther Richler1,2, Gary D. Housley6, Francois Rassendren3,4,5, and Baljit S. Khakh1,2*†

1 Department of Physiology, David Geffen School of Medicine, University of California, Los Angeles, Los Angeles, CA 90095, USA.
2 Department of Neurobiology, David Geffen School of Medicine, University of California, Los Angeles, Los Angeles, CA 90095, USA.
3 CNRS, UMR 5203, Institut de Genomique fonctionnelle, Montpellier, France.
4 INSERM, U661, Montpellier, France.
5 Universite Montpellier, 1 and 2, 34094 Montpellier, France.
6 Department of Physiology, School of Medical Sciences, University of New South Wales, Sydney, New South Wales, NSW 2052 Australia.
* These authors contributed equally to experiments in this work.

要約 : 細胞外のアデノシン三リン酸(ATP)は、多様な生理機能に関与するP2X受容体を活性化する。プロテオミクス解析により、我々はニューロンカルシウムセンサーであるVILIP1がP2X2受容体と相互作用を示すことを発見した。VILIP1はin vitroおよびin vivoでP2X2受容体とシグナル伝達複合体を形成し、P2X2受容体のATP感受性、ピーク応答、細胞表面への発現および拡散を調節することが判明した。VILIP1は恒常的にP2X2受容体と結合し、P2X2受容体結合部分の露出により、活性化依存的およびカルシウム依存的に相互作用を増強する。VILIP1-P2X2相互作用は、海馬ニューロンにおいてP2X2受容体活性化を誘発することが知られている活動電位発火の状態でも増強される。このように、我々のデータから、これまで認識されていなかったニューロンカルシウムセンサータンパク質VILIP1の機能およびニューロンカルシウムセンサーによるATP依存性P2X受容体シグナル伝達の調節機構が明らかになった。

S. Chaumont, V. Compan, E. Toulme, E. Richler, G. D. Housley, F. Rassendren, B. S. Khakh, Regulation of P2X2 Receptors by the Neuronal Calcium Sensor VILIP1. Sci. Signal. 1, ra8 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る