• ホーム
  • CriptoはNodalを初期エンドソームの境界膜に局在化させる

CriptoはNodalを初期エンドソームの境界膜に局在化させる

Cripto Localizes Nodal at the Limiting Membrane of Early Endosomes

Research Article

Sci. Signal., 11 November 2008
Vol. 1, Issue 45, p. ra13
[DOI: 10.1126/scisignal.1165027]

Marie-Helene Blanchet1, J. Ann Le Good1, Viola Oorschot2, Stephane Baflast1, Gabriella Minchiotti3, Judith Klumperman2, and Daniel B. Constam1*

1 Swiss Institute for Experimental Cancer Research (ISREC), School of Life Sciences, Ecole Polytechnique Federale de Lausanne (EPFL), Chemin des Boveresses 155, CH 1066 Epalinges, Switzerland.
2 Cell Microscopy Center and Department of Cell Biology, University Medical Centre Utrecht, Heidelberglaan 100, 3584CX Utrecht, the Netherlands.
3 Institute of Genetics and Biophysics "A. Buzzati-Traverso," Via P. Castellino 111, 80131 Naples, Italy.
* To whom correspondence should be addressed. E-mail: Daniel.Constam@epfl.ch

要約 : Criptoは、Nodalおよびその他のいくつかのトランスフォーミング成長因子β(TGF-β)ファミリーリガンドのグリコシルホスファチジルイノシトール(GPI)アンカー型コレセプターであり、EGF-CFCタンパク質ファミリーに保存されている上皮成長因子(EGF)様モチーフおよびCripto-FRL1-Cryptic(CFC)ドメインを含む。EGFドメインはNodalを集合させると考えられるのに対して、CFCドメインはアクチビン受容体様キナーゼ4(ALK4)との結合を媒介する。今回、我々はCriptoのEGF様モチーフがNodalとの結合に必須ではないことを明らかにした。しかし、Criptoは78番目のフェニルアラニン残基および71番目のグリシン残基を介して、初期エンドソームの境界膜にNodalを集積させた。同様に、CriptoとALK4の結合を媒介するCFCドメインの残基は、エンドソーム内腔へのNodalの隔離を軽減させるために必要であった。以上のことから、Criptoは、細胞質エフェクターを有するエンドソームのインターフェイスにNodalを局在化させることでその活性を刺激すると考えられる。我々が知る限り、Criptoは、エンドソーム内での積荷の選別を制御することが示された最初のGPIアンカー型タンパク質である。

M.-H. Blanchet, J. A. Le Good, V. Oorschot, S. Baflast, G. Minchiotti, J. Klumperman, D. B. Constam, Cripto Localizes Nodal at the Limiting Membrane of Early Endosomes. Sci. Signal. 1, ra13 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る