• ホーム
  • マクロファージにおいて、I 型IL-4RはIRS-2を選択的に活性化して標的遺伝子の発現を誘導する

マクロファージにおいて、I 型IL-4RはIRS-2を選択的に活性化して標的遺伝子の発現を誘導する

Type I IL-4Rs Selectively Activate IRS-2 to Induce Target Gene Expression in Macrophages

Research Article

Sci. Signal., 23 December 2008
Vol. 1, Issue 51, p. ra17
[DOI: 10.1126/scisignal.1164795]

Nicola M. Heller1,2, Xiulan Qi1,2, Ilkka S. Junttila3, Kari Ann Shirey2, Stefanie N. Vogel2, William E. Paul3, and Achsah D. Keegan1,2*

1 Center for Vascular and Inflammatory Diseases, Marlene and Stewart Greenebaum Cancer Center, University of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD 21201, USA.
2 Department of Microbiology and Immunology, University of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD 21201, USA.
3 Laboratory of Immunology, National Institute of Allergy and Infectious Diseases, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892, USA.
* To whom correspondence should be addressed. E-mail: akeegan@som.umaryland.edu

要約 : インターロイキン-4(IL-4)およびIL-13は、アレルギー性炎症に関与し、受容体サブユニット(IL-4Rα)を共有するが、異なる機能をもつ。I型およびII型IL-4Rの両方を発現している細胞とII型受容体だけを発現している細胞を、これらのサイトカインに対する応答性について比較した。IL-4はインスリン受容体基質2(IRS-2)の極めて効率的でγC-依存性のチロシンリン酸化を誘導したのに対して、シグナル伝達性転写因子6(STAT6)のリン酸化が最大である場合でも、IL-13の効率は低かった。I型受容体、γC-依存性のシグナル伝達だけが、IRS-2とホスホイノシチド3-キナーゼp85サブユニットまたはアダプタータンパク質成長因子受容体結合タンパク質2との効率的な会合を誘導した。さらに、I型IL-4Rを介するIL-4シグナル伝達は、IL-13と比較して、選択的に活性化されたマクロファージに関連する遺伝子サブセットの発現を着実に誘導した。このように、IL-4は、IL-13と質的に異なる様式で、I型IL-4Rを介するシグナル伝達経路を活性化する。このことは、至適な遺伝子発現の誘導に寄与する。

N. M. Heller, X. Qi, I. S. Junttila, K. A. Shirey, S. N. Vogel, W. E. Paul, A. D. Keegan, Type I IL-4Rs Selectively Activate IRS-2 to Induce Target Gene Expression in Macrophages. Sci. Signal. 1, ra17 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る