• ホーム
  • mAKAPはHIF-1alphaの酸素依存性の制御を区画化する

mAKAPはHIF-1alphaの酸素依存性の制御を区画化する

mAKAP Compartmentalizes Oxygen-Dependent Control of HIF-1α

Research Article

Sci. Signal., 23 December 2008
Vol. 1, Issue 51, p. ra18
[DOI: 10.1126/scisignal.2000026]

Wei Wong1, April S. Goehring1, Michael S. Kapiloff2, Lorene K. Langeberg3, and John D. Scott3*

1 Howard Hughes Medical Institute and Vollum Institute, Oregon Health & Science University, 3181 S. W. Sam Jackson Park Road, Portland, OR 97239, USA.
2 Departments of Medicine and Pediatrics, University of Miami, Miller School of Medicine, Miami, FL 33101, USA.
3 Howard Hughes Medical Institute and Department of Pharmacology, University of Washington School of Medicine, 1959 Pacific Avenue NE, HSB K-336B, Box 357370, Seattle, WA 98195, USA.
* To whom correspondence should be addressed. E-mail: scottjdw@u.washington.edu

要約 : 転写因子の低酸素誘導因子1α(HIF-1α)の活性は、細胞内の酸素量減少に応答して増大する。HIF-1αの破壊または安定化の合図を送るタンパク質のユビキチン化機構の酵素群は、この転写応答を厳密に制御している。今回我々は、筋肉のAキナーゼアンカータンパク質(mAKAP)が、HIF-1αの安定性を支配するユビキチンE3リガーゼを組織化し、核内部の作用部位の近くに至適に配置させたことを示す。心筋細胞における機能実験では、mAKAPの欠乏やmAKAPの核周辺領域へのターゲッティングの破壊により、HIF-1αの安定性および低酸素に関連する遺伝子の転写活性化が変化することが示された。このように、酸素感受性シグナル伝達に関与する成分の区画化は、低酸素応答の正確さおよび規模に影響を与える可能性があると提案する。

W. Wong, A. S. Goehring, M. S. Kapiloff, L. K. Langeberg, J. D. Scott, mAKAP Compartmentalizes Oxygen-Dependent Control of HIF-1α. Sci. Signal. 1, ra18 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る