奇想を凝らしたFRET

Fanciful FRET

Reviews

Sci. STKE,Vol. 2006, Issue 331, pp. re2, 18 April 2006
[DOI: 10.1126/stke.3312006re2]

Steven S. Vogel*, Christopher Thaler, and Srinagesh V. Koushik

National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism, National Institutes of Health, Laboratory of Molecular Physiology, 5625 Fishers Lane, Bethesda, MD 20892, USA.

要約 : 蛍光共鳴エネルギー移動(Förster resonance energy transfer : FRET)は、生細胞におけるタンパク質間相互作用を測定するために幅広く利用されている画像技術である。FRETに基づく実験の妥当性は、FRET効率の正確かつ精密な測定に大きく依存している。FRET効率の決定にFRET標準を用いること、ならびにFRETアクセプターの含有量および分子複合体中のドナー・アクセプターの化学量論が、測定したFRET効率に与える影響などの要素を考慮することにより、FRET実験での解釈の有用性が高まるであろう。

S. S. Vogel, C. Thaler, S. V. Koushik, Fanciful FRET. Sci. STKE 2006, re2 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る