• ホーム
  • 原形質連絡を介する植物細胞における高分子の動き

原形質連絡を介する植物細胞における高分子の動き

Movement of Macromolecules in Plant Cells Through Plasmodesmata

Teaching Resource

Sci. STKE, Vol. 2006, Issue 323, pp. tr2, 21 February 2006
[DOI: 10.1126/stke.3232006tr2]

Richard A. Jorgensen1* and William J. Lucas2*

1Department of Plant Sciences and Interdisciplinary Program in Genetics, University of Arizona, Tucson, AZ 85721-0036, USA.
2Section of Plant Biology, Division of Biological Sciences, University of California, 1 Shields Avenue, Davis, CA 95616, USA.
*Corresponding author. E-mail, raj@ag.arizona.edu (R.A.J.); wjlucas@ucdavis.edu

要約 : 原形質連絡(プラスモデスム)は、植物細胞間の分子の通行を可能にする植物の細胞間オルガネラである。原形質連絡を介する移行は、1つの細胞で発現された転写因子が隣接細胞に入ることで、細胞の非自立的な遺伝子発現の調節を可能にしている。ここでは、(i)個々の原形質連絡を介するタンパク質の移行、および(ii)植物の頂端分裂組織のL1層からL2およびL3層への原形質連絡を介する転写因子の移行を検出する実験に関する2つの動画を示す。これら2つの動画は、細胞間輸送の機構を考察する植物生物学、植物発生学、もしくは細胞生物学の授業に役立つであろう。

R. A. Jorgensen, W. J. Lucas, Movement of Macromolecules in Plant Cells Through Plasmodesmata. Sci. STKE 2006, tr2 (2006).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る