• ホーム
  • Fas経路を介する細胞死の分子アニメーション

Fas経路を介する細胞死の分子アニメーション

Molecular Animation of Cell Death Mediated by the Fas Pathway

Teaching Resource

Sci. STKE, 3 April 2007 Vol. 2007, Issue 380, p. tr1
[DOI: 10.1126/stke.3802007tr1]

Drew Berry*

The Walter and Eliza Hall Institute of Medical Research, 1 G Royal Parade, Parkville, Victoria 3050 Australia.
*Contact information. E-mail, berry@wehi.edu.au

要約 : このTeaching Resourceには、細胞死誘導性の受容体であるFasによって誘導されるアポトーシスに関連する分子事象の説明と動画が含まれている。分子と巨大分子複合体は、発表された構造を利用して表されている。動画には、細胞死受容体複合体の形成によって初期のカスパーゼ活性化が起こり、ミトコンドリアからシトクロムcが放出され、アポトソームが形成される様子を追い、最終的に細胞骨格が破壊されて細胞膜のブレブ形成に至るまでを描いてある。細胞死は、キラーT細胞によるFas受容体の連結によって病的な細胞で開始される。

D. Berry, Molecular Animation of Cell Death Mediated by the Fas Pathway. Sci. STKE 2007, tr1 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る